えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

2009-06-18から1日間の記事一覧

リュパンの冒険

モーリス・ルブラン、『リュパンの冒険』、南洋一郎 訳、創元推理文庫、2005年(36版) これはしかし、私としてはもひとつ頂けない。 ヒロインのソーニア(表記が古い)に共感が抱けへんのと、 刑事部長ゲルシャールが哀れに情けなく、「公爵」の肩書に弱腰…

リュパンがとまらない

誰かとめて。