えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

映画

映画『マドモワゼル・フィフィ』/クリスチーヌ&ザ・クイーンズ「サン・クロード」

本日、映画『マドモワゼル・フィフィ』を(フランス版のDVDで)鑑賞。1944年、ロバート・ワイズ監督。シモーヌ・シモン主演。 「脂肪の塊」と「マドモワゼル・フィフィ」をくっつけて一本の作品にするという発想は、クリスチャン=ジャックの『脂肪の塊』(1…

『ベラミ』映画公開に寄せて

人、それを便乗と呼ぶのであるが、 なにはともあれ、 映画『ベラミ』の日本公開を祝いたい。 http://www.belami-movie.info/index.html フランス語でやれ、と言っても仕方ないし。 さて、素晴らしいのは映画化の波及効果である。 (波及効果で仕事が回ってく…

年の終わりに

放心している間に3ヶ月過ぎてしまう。 せめて(だいたい)今年ビデオで観た映画を 発表年順に並べてみる。 『北ホテル』(1938) 『嘆きのテレーズ』(1953) 『白い馬』(1953)、『赤い風船』(1956) 『死刑台のエレベーター』(1958) 『モンパルナスの灯』(1958) …

あわあわ

あわわわ、と言っているうちに日がどんどん過ぎる。 読み終えた電車本。 ディケンズ、『二都物語』上下、中野好夫訳、新潮文庫、1967年 主筋だけ取ると実にロマネスクでロマンチックだけれど、 フランス革命前、民衆の間で不満が高まっていくところと、 革命…

物憂い春

逃避のためにデヴィッド・リーン版『オリバー・ツイスト』を観る。1947年。 原作の要点を綺麗に押さえ、終盤はややこしい人物関係を省略してきっちりまとめた佳作かと。 一番良かったのはサイクス役のロバート・ニュートン、 あるいは彼のブサイクな犬。 194…

走破

29日マラルメ。「一振りのサイコロ」も実ははや佳境に突入しつつ、いよいよ混迷。 まだ読み方がよく分かっていない気がする。 「ふらないことを躊躇う」船長が、振ってもしそれがあの「唯一の数」だとしたら、 それは・・・偶然であるだろう(と繋がるかどう…

おいしいマン

キム・ジョンジュン監督。2008年。 こちらは紋別を舞台に、イ・ミンギと池脇千鶴の淡い交流を描いた作品で、 流氷が綺麗でごわした。 ええと、まあ、それだけです。 率直に言って、どちらも日韓でなければならない必然性に乏しいように見える ところが物足り…

初恋の雪 ヴァージン・スノー

ハン・サンヒ監督。2007年 京都とソウルを舞台にして、イ・ジュンギと宮粼あおいが主演の 清純な青春恋愛映画。 ま、なんですか、薹が立ったおじさんは端から観客として想定されてない感じなので、 何も申し上げますまいや。うるうる。 かくも平和な恋物語が…

英語完全征服

영어완전정복, 2003 キム・ソンス監督。 『グエムル』の後に、なんでいきなりこれなんや、とまあ思いますが、 しかしこれは良く出来た恋愛コメディー映画で、たいへん笑えます。 韓国でも英語教育は盛んと聞きますが、やっぱり苦手な人はおるわけで、 そこん…

四川のうた

二十四城記/24 City、2008 賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督。 四川省の国営420工場の土地が、民間の不動産業者に売却されることになり、 工場は取り壊されて高層ビルに建て替わる。 かつてこの工場に関わった人達へのインタビューで構成されたこの作品は、 …

グエムル 漢江の怪物

괴물, 2007 ポン・ジュノ監督。 遂に観た。やっと観た。 単純なお話なのに予想を裏切る展開のさせ方が実にうまく、 シリアスなのに笑えてしまうところも素晴らしくて、 最後まで一気に見せます。 グエムルが大きすぎない、というところが絶妙なポイントだと…

シュリ

쉬리, 1999 カン・ジェギュ監督。 とりあえず、にわか韓流は王道から攻めようかと。 ご存知、韓国映画界を産業として大発展させるきっかけになったと言うべき ブロックバスター作品にして見事なまでのアクション映画。 今改めて観ると、いささかやり過ぎの感…

長江哀歌

三峡好人, Still Life, 2006 賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督。 JSAのあとなので、ことさら地味に見えてしまいましたが。 三峡ダムの建設と、それに伴う建物解体の進む奉節の街に、 16年前に別れた妻子を探す男と、2年音沙汰のない夫を探す女性とが やって来…

JSA

공동경비구역 JSA, 2000 読めもせぬハングル眺めて夜長かな、と。 パク・チャヌク監督。 朝鮮戦争を体験していない韓国の若者が2年2ヶ月兵役で国境警備にあたれば、 こういうこともあるかもしれない、という実感が、おそらくこの映画の リアリティーを保障し…

イン・ディス・ワールド

In this world, 2002 マイケル・ウィンターボトム監督。 あいかわらずそんなんかい、と一人突っ込み。 しかしこれがまた凄い。 パキスタンに居住するアフガン難民の青年二人が、 パキスタンからイラン、トルコ、船でイタリアに渡ってフランスを通ってイギリ…

子供の情景

Buddha collapsed out of shame, 2007 ハナ・マフマルバフ監督。 さすがモフセンの次女というべきなのか何なのか、 19歳でこんな映画撮れてしまうのは本当に大したものだと思われます。 アフガニスタンのバーミヤンに暮らす子供たちの情景を通して、 アフガ…

アフガン零年

Osama, 2003 セディク・バルマク監督。 NHKと(なぜか)アイルランドが出資して、「復興アフガニスタン第一作」と銘打った作品。 意地の悪い取り方なのを承知でいうと、 北部同盟による反タリバンのプロパガンダ映画のようなところがあって、 それが悪いこと…

母たちの村

Moolaadé, 2004 ウスマン・センベーヌ監督・脚本・制作。 ブルキナファソとか何一つ知らないので、リアリティのありようがまるで掴めないし、 分からないことだらけであるのだけれども、 不思議にゆるやかな時間の流れる良い映画でありました。 (もっとも内…

ホテル・ルワンダ

Hotel Rwanda, 2004 テリー・ジョージ脚本・監督。 実話を元にしていながらも、 次から次にと降りかかる絶体絶命危機一髪の状況をくぐりぬけていく様が、 実にもうサスペンスに富んでいて、並のアクション映画よかよっぽど「面白」く、 はじめはその場しのぎ…

ビーティフル ピープル

Beautiful People, 1999 ジャスミン・ディズダー脚本・監督。 ロンドンとボスニアを舞台に、5つの物語が交錯しながら語られる。 地味ながら、というか地味ゆえにこれは良い映画でした。 厳しい現実を見据えたうえで、それでも希望を語るこの監督の姿勢に 大…

華氏911

Fahrenheit 9/11, 2004 遂に観た。マイケル・ムーア監督。 この映画の採用する明快な二分法によれば、 アメリカ社会は支配階級と被支配階級に画然と分かれていて、 (いつの時代の話や、と思いますが、今の話ですね。でてこいレーニンて感じっす) 前者には…

初恋のきた道

The Road Home, 2000 原題は「我的父親母親」だそうです。これは分かりやすい。 張芸謀(チャン・イーモウ)監督。 たまにはこういう映画も観たいじゃないか。 章子怡(チャン・ツィイー)が可愛いからそれでもうぜんぶOKです、 ていうような映画でした。…

亀も空を飛ぶ

Kûsiyan jî dikarin bifirin, 2004 クルド語が読めるはずもないので、あってるかどうか分かりませんが。 バフマン・ゴバティ監督。 さしもの私も、何を好き好んで重たい映画ばかり観ているのかと 自問してしまうが(カタルシスというものがまるでない)、 し…

あなたになら言える秘密のこと

The Secret Life of Words, 2005 イサベル・コイシェ監督。サラ・ポーリー、ティム・ロビンス主演。 イギリスの工場で働くハンナは、勤勉すぎるからと強制的に休暇を取らされ、 旅先(たぶん北アイルランド)で、偶然に、海上の油田掘削所に看護婦として赴く…

ノー・マンズ・ランド

No Man's Land, 2001 ダニス・タノヴィッチ監督。 セルビアとボスニアとの戦場の中間地帯に取り残された、敵対する兵士チキとニノ。 兵士ツェラは背の下に地雷を仕掛けられ、身動きするこができない。 塹壕を出れば攻撃される三人の、揺れ動く関係。 不干渉…

やさしくキスをして

Ae Fond Kiss, 2004 ケン・ローチ監督。 舞台はスコットランドのグラスゴー。 アイルランド出身の女性とパキスタン移民二世の男性の恋愛物語。 つまるところ、これは王道のラブストーリーで、 個人主義の価値観と、家族・共同体重視の社会との軋轢が、その恋…

ライフ・イズ・ミラクル

Живот је чудо, 2004 エミール・クストリッツァ監督。 『サラエボの花』があまりに悲痛なので、すがるようにこの映画を観る。 聞きしに勝るクストリッツァの奇才ぶり。 冒頭から「失恋して鉄道自殺したがるロバ」とか出てきて訳が分からなく、 戦争を題材に…

サラエボの花

Grbavica, 2006 ヤスミラ・ジュバニッチ監督。ベルリン金熊。 サラエボのグルバヴィッツァに暮らすシングルマザーのエスマには、12歳になる娘サラがいる。 ナイトクラブでウェイトレスをしながら、娘の修学旅行費用200ユーロを得るために苦労している。 一方…

太陽に恋して

Im Juli, 2000 やっと観ました、ファティ・アキン長編第2作。 ハンブルクの冴えない教育実習生の青年が、 トルコ人の女性に恋をして、イスタンブールまで追いかけようと車に乗ったところで、 彼に魅かれている別の女性が、ヒッチハイクで乗りこんでくる。 ハ…

11'09''01 セプテンバー11

11'09''01 September 11, 2002 この映画は次の本で教えてもらう。 佐藤忠男、『映画でわかる世界と日本』、キネマ旬報社、2008年 2001年9月11日の事件に対してどう応えるか、という問いを11人の監督にぶつけた作品。 ケン・ローチ、アモス・ギタイ、ミラ・ナ…

カンダハール

Safar Qandhar, 2001 モフセン・マフマルバフ監督。 今にしてみれば、戦争直前だったということになる、アフガニスタンに残してきた妹に、 亡命していた姉が単身会いに行こうとするお話であるが、 まあ、物語が普通に完結したりするわけではない。 女性一人…

ベッカムに恋して

Bend it like Beckham, 2002 グリンダ・チャーダ監督。 イギリスに暮らすインド系2世のサッカー好きの女の子が、 親に内緒でサッカーチームに入部するお話。 確かに異文化摩擦という面はあるにせよ、ここで問題になっているのは むしろ世代間の価値観の相違…

モンスーン・ウェディング

Monsoon Wedding, 2001 ミラ・ナイール監督。 長女の結婚式を前に、一族が集まり、 お父さんは借金して伝統的な豪華な式を準備しつつ、 長女は実は不倫の関係を清算しきれておらず、 いとこ同士の出会いがあったり、 プランナーのお兄さんの清純な恋があり、…

ジョイ・ラック・クラブ

The Joy Luck Club, 1993 監督ウェイン・ワン。 アメリカに移住してきた4人の女性と、彼女達それぞれの娘、 計8人の人生と、母娘の関係が語られる。 中国でそれぞれに辛い経験をしてきた母親達は、娘の幸せを何より願うが、 娘達は娘達で、母親達が思いもし…

オフサイド・ガールズ

散髪の後で、ぽっかり時間が空いたので久しぶりに映画を観る。 Offside, 2006 製作・編集・監督ジャファル・パナヒ。イラン映画。 女性が男性のスポーツをスタジアムで観戦することが禁止されている中、 2006年ワールド・カップ最終予選の試合に、 男装して…

誰も知らない

是枝裕和監督、2004年 奇しくもシネカノン配給作品。 すごくよい映画と思いますが、 個人的には物語に、というかあの子供たちの生活に、 どんな形であれ区切りをつけてほしかった。 開かれて終わっているからこそよいという意見もあるだろうし、 それはよく…

ツォツィ

Tsotsi, 2005 監督ギャヴィン・フッド。 ヨハネスブルクのスラムに暮らす少年が、赤ん坊との出会いを機に、 生きることの意味を問い直す、という物語。 ストレートな物語の中に、アパルトヘイト後10年の南アフリカの現状を 明確に描き出す手際が巧みで、演じ…

パッチギ!Love&Peace

井筒和幸監督、2007年。 ストレートの物語をどっさり詰め込んだあつい作品で、 エンターテインメントに徹する潔さとはかくあるものかなと。 キャストが入れ替わって続編の必然性が薄いのだけれど、逆にいえば 二番煎じにならない独立した作品に仕上がってい…

Tokyo!

Tokyo!, 2008 ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ監督。 一本目は、理屈はよく分かるんだけど、けっこう気味のわるい作品で、 ニ本目で、カラックスとドニ・ラヴァンがえらいこと遠くに行ってしまったことに愕然とし、 三本目は、香川…

ブラック・レイン

Black Rain, 1989 リドリー・スコット監督。 なるほど松田優作めちゃくちゃ格好いいし、高倉健も好演。 大阪の町をこんな風に撮れるというのにも感心させられます。 リドリー・スコットの美意識溢れ出た作品だなあ。

GO

行定勲監督、2001年。 ようやっと鑑賞。 原作の印象が強い分、ものたりなく思えるところがあったりするのだけれども、 しかし、窪塚洋介、山崎努はじめの役者さんが大変いいし、 演出・編集もごてごてしなてくてなかなかクール。 好印象にまとまった佳品だと…

シリアの花嫁

The Syrian Bride, 2004 エラン・リクリス監督。 イスラエル占領下のゴラン高原のある村。「無国籍」の花嫁モナは 軍事境界線の向こうのシリアに住む男性に嫁ぐのだけど、 一たび境界線を越えたらシリア国籍になって、戻ってくることはできない、 その結婚式…

博士の異常な愛情

または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか Dr. Strangelove, 1964 キューブリック監督。 いやはやこれは傑作だと改めて納得。

そして、私たちは愛に帰る

Auf der anderen Site, 2007 英題はThe Edge of Heavenだそうで、 ちなみに仏題はDe l'autre côté。 ファティ・アキン監督。 ドイツとトルコの3組の親子が出会ったりすれ違ったり、 その内の二人が亡くなり、けれどその死はまた「許し」の機縁でもあり、 邦…

グッバイ、レーニン!

Good Bye Lenin !, 2003 ヴォルフガング・ベッカー監督。 ドイツ冷戦ものとしては外せまい、かと。 話の展開にもうひと捻りあるかと思っていたら、そうでもないので あらそうなの、と思うが、あれはあれでよろしいのであろう。 よくできた孝行息子だなあ、と…

善き人のためのソナタ

Das Leben der Anderen, 2006 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク脚本兼監督。 1984年、東ベルリンにおいて、劇作家と彼の恋人をスパイする 秘密警察シュタージの男は、盗聴を続ける内に次第に相手に共感を覚え、 東の真実を西で告発しようとする…

トンネル

Der Tunnel, 2002 ローランド・ズゾ・リヒター監督。 1961年、壁ができあがっていく西ベルリンにて、東側にいる家族を迎えるために、 145メートルのトンネルを掘った人たちの、実話を元にした作品。 筋は単純なようなものながら、なかなかどうして脚本が実に…

パラダイス・ナウ

Paradise now, 2005 ハニ・アブ・アサド監督。 イスラエル占領地区ナブルスで、自爆テロ決行が決まった二人の青年 サイードとハーレドの48時間。 銃弾飛び交う現地での命がけの撮影ということもあり、 息苦しい緊張ぶっつづけの90分に、これはほんまに驚いた…

君のためなら千回でも

The Kite Runner, 2007 マーク・フォースター監督。 ドリームワークスとはいえしょせんアメリカ映画でしょ、とか思って悪かった。 制作側の懸念を押し切ってダリー語で撮ったというのがまず偉い。 子どもの時におかした過ちを、二十数年経って大人になった後…

ナイト・オン・ザ・プラネット

Night on Earth, 1991 ジム・ジャームッシュ監督。 なるほど、そういう邦題のつけ方もあるものか、と。しかし何故ぞ。 それぞれタクシー運転手を主人公にした、5都市にわたるオムニバス映画。 ニューヨークとローマ(ロベルト・ベニーニ)に爆笑。 ロスのウ…