読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

荷風

論文のけじめに

改めて考えるにつけ、要するに、 作家永井荷風の「構成要素」というものを考えるなら、 その内の何パーセントかは確実にモーパッサンから成っている。 ということなのだ。 度合は『あめりか物語』の時は相当高く(推定30パーセント程度、適当だけど) 『ふら…

「つゆのあとさき」を読む

永井荷風『つゆのあとさき』岩波文庫、2005年(23刷)。 初版は1931(昭和6年)11月、中央公論社。12月で荷風は52歳。 書いたのが梅雨時だから、という気の抜け具合は何なのかと思うが、 結末もなんだか拍子抜けである。人物をからみ合わせて話を面白くもっ…

引用ついか

どうしてももう入んねえっぽいのでここに挙げさせていただく。 『國文学 解釈と鑑賞』平成14(2002)年12月号に 塚本康彦、網野義紘の対談「荷風文学の軌跡」が掲載されている。 網野氏の発言に、 私はモーパッサンこそもっとも荷風に影響を与えたフランス作…

吉田精一のおさらい

せっかくなので 吉田精一『永井荷風』、『吉田精一著作集』5巻、桜楓社、1979年 のおさらい。 まず『あめりか物語』について。 作者の虚無絶望の気持は、かような社会の消息を語るにふさわしく、時に必要以上に感傷に流れ、主観的な色彩で染め上げているけれ…

二つの疑問

今日も荷風さん。唐突に浮かんだ二つの疑問。 一つめ。 日夏耿之介の荷風論(『荷風文学』平凡社ライブラリー、2005年)には モウパスサンのモの字も出て来ないのだけれど、 (嘘。少なくとも一回は名前だけ出てくる。) ゾライズムやリアリズムについては語…

夜の女

そういうわけで、この作品である。明治41年8月『あめりか物語』初出。明治40(1907)年4月と成稿年月が 記されているが、こういうのを字義通りとっていいのかどうか。ま、それはよく、 「モオパサンが短篇集『メイゾン・テリエー』を読む。」と『西遊日誌抄…

引用つづき

佐藤春夫『永井荷風読本』1936は以前にもひいた。あまり皆さんお読みでないようなので さらに引いておく。『あめりか物語』について。 それに比べるとモウパッサンとツルゲーネフとのそれ(引用者注:影響らしいもの)、就中、前者の影や匂と思はれるものは…

引用いくつか

後年の荷風がモーパッサンを再読していたことを論じる際に不可避の証言。 「近頃またゾラを読んでみようと思つたが、いかにも古い感じで読み通せなかつた。それに比べると、モーパッサンは依然として新鮮である。昔はモーパッサンの小説のもつエロチシスムに…

春と秋

また悪口を言うのである。大人気がないというのである。分かっているつもりなのである。 穏便に行きましょう。 永井荷風「春と秋」『あめりか物語』所収。初出は明治40年10月『太陽』。 再び伊狩論文をひく。いわく 「全体の構成はモーパッサンの "Père" で…

春水とモーパッサン

永井荷風について読んでいると、よくお目にかかるのが 「春水とモーパッサンの合の子」という言葉である。荷風が自身の文学を指して 言ったとのことで、出所は佐藤春夫らしいが、必ず皆さん出典を明記でない。 ので佐藤春夫全集をぱらぱら眺めてみた次第。以…

酔美人

これまた渋いカテゴリーを立ててしまった。 ここしばらく、荷風におけるモーパッサンについて考察中なので、以後つれづれに 記すことあれば、記していきたいと思う次第。 「酔美人」は『あめりか物語』所収の短編。初出は明治38(1905)年6月の「太陽」(11…