読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

ある夜の雑感

文学研究

帰り道、唐突に思いついたことを記しておこう。
私は「モーパッサンが何であったか」について知ることに
関心があるけれど、それよりもこれまでの人が
モーパッサンは何であったか」について積み上げてきた言説に対し、
「それは本当だろうか」と問い直すことのほうに、もっと関心があるので
はないだろうか。と思ったのである。
なるほど。
しかし改めて考えると、これは別に思いつきというほどのものでもないようだ。
そもそも、前者について問いを深めるためには、後者によるしかない(のかもしれない)。
唯一絶対のモーパッサン像というものが存在しえないのであれば、
私自身の固有のモーパッサン像は、他の人たちの言説との差異の積み上げに
よってどうにかこうにか作り上げられるものでしかない。
であるなら先人のご意見に対して「ここはちょっと違うんでないの」という些細な
違和感をその都度掬い上げる作業を通して、私は私自身のモーパッサン像を
形成してゆくことになる。
ということなんだろうか。
一見すると迂回したまわりくどい方法である。
しかしながらこれは要するに、先行研究を概観することが必要不可欠である
という文学研究の基本の基本についてのパラフレーズでしかないじゃないか(と事後的に理解する)。
私の抱く固有のモーパッサン像がオリジナルかつ説得力のあるものとなるためには、
先人の皆さんのご意見の間に割って入って、その中で自分の位置を相対的に定める
しかないのですね。
文学研究とはまあ基本的にそういうものなんだ、
というのが今の私の理解するところなのでした。