えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

はつ恋について

 初恋というものは美しいものだ。というのは、物語がすべて過去形によって語られるように、初恋は思い出によって語られるから。
福永武彦『愛の試み』新潮文庫、2001年(41刷)、46ページ。

なんとも気恥ずかしいお言葉であるが、しかしまあそういうもんでありましょう。