読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

リュパンの告白

モーリス・ルブラン、『リュパンの告白』、井上勇 訳、創元推理文庫、2003年(39版)
なぜかしらねどくいくい読めて、色男ってすごいなあ、と。
それはそうとご縁もあって、
‰ö“aŽmƒAƒ‹ƒZ[ƒkEƒ‹ƒpƒ“
こちらでいろいろと学ばせていただきました。
若い頃のルブランはフロベールモーパッサンを敬愛し、
1891年の処女作 Des couples は「モーパッサン先生」に捧げられているのだ。
それはそれは知らなんだ。
モーパッサンの側からルブランについての言及は、今のところ
たぶん存在しないけれど、あるいはルブラン宛書簡が埋もれていたり
するのかもしれない。ルブランの側の証言については、今後要調査なり。