読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

乾杯

マラルメ

月一マラルメ。新顔さんあり。
『ラ・プリューム』、1893年2月15日。
2月9日の同誌主催の宴会の席で朗唱されたもの。最初の題は「乾杯」。
以下、お世辞にも上手と言えない拙い訳。

挨拶


何もない、この泡、無垢なる詩句
ただ杯を示すのみ
そのような一団が遠くに溺れる
セイレーン達、数多く、逆様に


我々は船出しよう、おお、様々なる我が
友等よ、私は既に船尾にあり
諸君らの豪奢な船首は切り裂いてゆく
雷と冬との波間を


麗しき陶酔が私を誘う
その船揺れさえも恐れずに
立ち上がり、この挨拶を捧げるようにと


孤独、暗礁、星
我々の帆布の白き憂いに
値したあらゆるものに対して

Deman版(1899)で詩集の巻頭に置かれ、マラルメは小さいイタリック体で
エピグラフのように印刷するよう指示を残していた。
同朋との連帯から、読者への呼びかけに。
詩作が荒海への航海であるなら、詩を読むことも一つの冒険である。いや、
「私の詩を読むこと」はそうである、とマラルメは言っているのか、どうなのか。
読み終えた後、rienさん差し入れのシャンパンで乾杯。
そうでなくっちゃね。ごちそうさまでした。
夜は中華。紹興酒