読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

さよなら子供たち

フランス映画

Au revoir les enfants, 1987
ルイ・マル監督。
しかしまあ、ハリウッドならいくらでも盛り上げて見せようところを、
これはまたなんとも地味な、もとい「静かなトーン」の作品であることよ。
占領下のキリスト教の寄宿学校に転校してきた少年と、次第に友達になるも
実は彼はユダヤ人であることが分かり、そして1944年の1月のある朝・・・
という、ルイ・マルの自伝的作品。3人の子供と校長先生の話は事実だという。
この映画を観ると、占領下の様子がたいへんよく分かる。
悲劇と呼ぶしかないような、痛ましい状況があったのだ。
いまさらだけど。
余談二つ。
冒頭で子供たちが行列してA la claire fontaine を歌ってた。
『プチ・ニコラ』を読んでると頻繁に chouette という語が出てくるんだけど、
この映画でも言うていた。今は死後だと思うんだけどどうなのか。
「イカす」ってか。