読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

六号病棟・退屈な話

今年が生誕150年だからなのか、どうなのか、
ここのところ文庫本にチェーホフが溢れているようで。
チェーホフ、『子どもたち・曠野』、松下裕 訳、岩波文庫、2009年
は、読み終えてすでに久しい。
濫作作家チェフォンテが、心機一転力を込めて書いたという「曠野」(1888年)は
本当にもう良い作品で、エゴールシカ少年の目に映る自然の光景と
大人の世界とが、実にもう瑞々しくも美しい。
同じく曠野を舞台とした「幸福」(1887年)と、
渡し船の僧イエロニームを語った「聖夜」(1886年)も、
しみじみいとおしい作品。
そいで、
チェーホフ、『六号病棟・退屈な話』、松下裕 訳、2009年
「六号病棟」(1892年)は、私にとっては「狂気」とは何かを問いかける
モーパッサンとも一脈通じる作品ながら、味わいは随分と暗く、
「退屈な話」(1889年)は老教授の独白を通して、これも随分と沈鬱な世界が描かれている。
ここに作者その人がどれぐらい率直に投影されているのか、
チェーホフはそのあたりのことを推察するのが、むつかしい作家だと思う。
この時、チェーホフはまだ29歳だった。
「黒衣の僧」(1894年)も「狂気」を扱った暗い話で、
もしも「狂気」が幸福をもたらし、「正気」がそうではないとしたら、
はたして幸福とは何なのか、という問いをつきつける。
そういえば、モーパッサンにも、狂気こそが幸福をもたらすという一節が
あって、あれは、ええと、「マダム・エルメ」でありました。