読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

ライフ・イズ・ミラクル

Живот је чудо, 2004
エミール・クストリッツァ監督。
サラエボの花』があまりに悲痛なので、すがるようにこの映画を観る。
聞きしに勝るクストリッツァの奇才ぶり。
冒頭から「失恋して鉄道自殺したがるロバ」とか出てきて訳が分からなく、
戦争を題材にしながら、破天荒でファンタジックな場面溢れる喜劇的物語。
度し難い現実だからこそ、笑いでそれに応えること。
それも一つの映画の力強い在り方である。
断固として希望を語ること。その姿勢が格好いい。