読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

夜間飛行

サン=テグジュペリ、『夜間飛行』、二木麻里訳、光文社古典新訳文庫、2010年
ひとたびサンテックスの手にかかると、
労働は、人間が人間であることの存在証明と化し、
命がけの責務こそが、人間を崇高な存在たらしめる。
ストイシズムに満ちる人物達の姿は、神話のようにまぶしく見える。
凡百の人間の口から出れば、歯の浮いてしまいそうな言葉が、
彼にあってはそうはならないのは、
飛行機黎明期のパイロットして、彼自身が生死を懸けた飛行を経験したという、
その裏打ちのなせることなのだろうか。
新潮文庫堀口大学訳は、1993年に改版して、表紙が宮崎駿であり、
私も愛着あるものではあるけれども、文庫初版が1956年は、いささか古いのも事実であり、
この新訳はとても喜ばしい。心のこもった解説もすばらしい。


サンテックスには、人間が人間であることに対する揺るぎのない信頼があった。
不幸は、彼自身が命を落とすことにもなった第二次大戦によって、
人間であることが、時に最悪の事態を生み出しうることを、
我々は知らされてしまったことにある。
人間であることの尊厳が乱暴に踏みにじられた後の時代に、
それでも人間に対して信頼を寄せることは、はたして可能なのか。
今、サンテックスを読むことを通して突きつけられるはずの問いとは
そういうものではないか、とそんなことを思う。