読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

モーリス・ポッテシェールとルイ・ル・カルドネル

 Parmi les fausses monnaies, sa langue claire et grave sonnait la loyauté ; c'est par elle qu'on entendra vivre tout ce que l'écrivain a écouté de la vie.
 Les élections académiques, le message des « Cigognes », l'assaut des mages ne consoleront peut-être pas, pour la même année, la Prose française du départ de Renan et de Maupassant. – M. Pottecher.
(L'Écho de Paris, supplément illustré, 8 mars 1893.)
 偽造貨幣の中にあって、彼の明晰で重々しい言葉は誠実な響きを立てていた。それによって、人生について作家が耳にした事柄のすべてが息づいているのを人は聞くことだろう。
 アカデミーの選挙、「コウノトリ」のメッセージ、博士達の襲来も恐らくは、同じ年にルナンとモーパッサンが去ることについて、フランスの「散文」を慰めることはないだろう。――M. ポッテシェール

後半の段落よく分かりません。お恥ずかしいことです。
Maurice Pottecher (1867-1960)
ヴォ―ジュ県出身。1895年、地元ビュッサンBussangに「民衆劇場」Théâtre du Peupleを創設。戯曲に『自由』Liberté (1898) 『誰しも自分の宝を探す』Chacun cherche son trésor (1899)『イスカリオテのユダの謎』 Le Mystère de Judas Iscariote (1911)等。

 L'art de Maupassant était fondé sur la pure sensation : jamais personne n'a exprimé la vie physique avec une précision plus âpre. Mais le châtiment de ceux dont toute l'âme fut, pour ainsi dire, abîmée dans leur corps, est souvent de perdre même la conscience de cette nature en qui ils avaient uniquement placé leur foi. Ils retournent peu à peu au chaos et à la nuit sans mémoire ! L'œuvre de Maupassant, ne parlant jamais en nous à l'esprit, la seule chose immortelle, et qui fait les livres durables, nous paraît ne pas devoir lui survivre beaucoup. – Louis Le Cardonnel.
(L'Écho de Paris, supplément illustré, 8 mars 1893.)
 モーパッサンの芸術は純粋な感覚に基礎を置いていた。決して誰も身体的生を彼以上に荒らしい正確さで表明したことはない。だが、魂全体がいわば身体に埋没した者に対する懲罰とは、しばしば彼らが唯一信を置いていたこの自然についての意識さえ失ってしまうことにある。彼らは少しずつカオスと、記憶ない闇夜へと向かって行く! モーパッサンの作品は、我々の内で決して精神に話しかけることがないが、精神こそ唯一不死なるものであり、生き残る書物を生みだすものである。それゆえ、モーパッサンの作品は彼よりも長生きするはずがないように思われるのである。――ルイ・ル・カルドネル

Louis Le Cardonnel (1862-1936)
フランス南西ヴァランス出身。象徴主義グループと交流し『プリューム』や『メルキュール・ド・フランス』に寄稿。宗教界に入り、1895年に司祭に任命される。以後も宗教的詩篇を書き綴った。『詩篇Poèmes (1904)『聖歌集』Carmina Sacra (1912)等。
うーむ、これはまさにお坊様のお説教ではないか。
いやはや、そんな人もまじっていたのだなあ。