読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

ミュッセ頌

モンソー公園のミュッセ像

モンソー公園に戻って、
ミュッセ(1810-1857)の像。
Alexandre Falguière (1831-1890) が手掛けたものを、
Antonin Mercié (1845-1916) が完成させたものらしい。
1906年にコメディー・フランセーズの前に置かれ、
後に今の場所に移された由。
「夜」連作詩編(特に何月かは忘れた)をイメージしたものなので、
普通の女性に見えなくもないが、
この場合、後ろに立つのはもちろんミューズであって、
詩人に霊感を吹き込むのである。


モーパッサンはミュッセに手厳しかった。
いわく、感傷たれながしで「芸術」のなかった詩人。
しかしこの批評には裏がないわけではない。
十代の頃、モーパッサンはミュッセの影響丸出しの詩を何作か書いている。
二十代には、身体的欲望(これはある種の婉曲表現)礼賛の肉感的な詩を
書くようになるが、かつての自分を否定する、という意味合いがそこにはある。
モーパッサンのミュッセ評にはフロベールの影響も濃厚だが、
自分の過去が絡んでくると、
さしものモーパッサンもいささか公正さを失っているように見えるのだ。


ミュッセはそんなにひどくはない、ということを
少しばかり言ってみたい。
早熟の天才詩人の名をほしいままにし、
数々の女性に愛されながら、それでも満足できずに鬱々と
倦怠の内に夢想に耽る、というのが巷に伝播した彼のイメージであろう。
ラマルチーヌと並んで、「ロマン派詩人」のイメージを作り出すことに、
大いに貢献したのがミュッセだった。
ラマルチーヌは宗教色が強すぎたせいで廃れるのも早かったが、
早世したミュッセの威光は死後もながらく輝き続けた。
たしかに、彼は典型的なナルシス君ではあろうが、
彼には、自己を客体化して見る視線が決して欠けてはいない。
そこにある種の苦いアイロニーがあるからこそ、
1870年代頃までの、フランス中の文学少年、文学青年達に、
憧れと同時に共感をも抱かせたのではなかっただろうか。


それこそが「気障」だとか「ポーズ」だとか、
悪口を言うことも簡単なのではあるが、
その種の批判はいささか「やっかみ」を免れないところが哀しい。
できることならミュッセみたいになってみたい、という
密かな欲望を抱かせてしまうなら、それは詩人の「勝ち」というものである。
つまり、ミュッセは今でいうところの「アイドル」そのものだった。


しかしまあ、今読むに値するのはやはり戯曲のほうではあろう。
『戯れに恋はすまじ』(良い訳だがいささか古臭い)一つとってみても、
ミュッセの頭の良さははっきりと知れるのである。
微細な感情を取り扱う術はかなりマリヴォー的なところがあるが、
ここでもアイロニーが効果をあげている。
ルフレッド・ド・ミュッセ。
「ロマン派詩人」の典型的なイメージをひとたび拭い去って、
彼の作品に、今一度、再評価の光を当ててみる価値があるのではないか、
と思うのは、一人私のみであるだろうか。