読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

バンヴィルとモーパッサン

テオドール・ド・バンヴィル

余勢をかうように次の翻訳を掲載。
テオドール・ド・バンヴィル 『誠実さ』
訳してみたら、バンヴィルの文章は
たいへん古典的にレトリカルなもので
いささか苦労した上に、結果としても読みにくい。
しかしモーパッサンがよく売れて、
たちまち一流作家の仲間入りをした理由を、
彼の「誠実さ」に見ている点で価値がある一文だ。


それにしてもバンヴィルの顔は、
こういう大学の先生いるよなあ
と思わせるようなインテリのお顔ではあるまいか。
ポイントはなんといっても
ヒゲが無いというその一点です。