読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

靴底が前のランボー

フランス文学

靴底が前の男

ここのところ度々お世話になったT君に
感謝の気持ちを込めて、
ランボー像をささげます。
パリ4区、place du Père-Teilhard-de-Chardin にある
Jean-Robert Ipoustéguy (1920-2006)による
"L'Homme aux semelles devant"
「靴底が前にある男」という題の作品。
時の大統領ミッテランの依頼を受けて、
1984年作の由。
ヴェルレーヌランボーを評して言った言葉
"l'homme aux semelles de vent"
「風の靴底を持つ男」のパロディだそうで、
実際、まあ、靴底が前にあるのではある。


アルチュール・ランボー
「天才詩人」という触れ込みに惹かれて、
実際に手に取ると、意外なほど難解で途方に暮れてしまう、
ということが、けっこう多いのではないかと推察する。
まったく個人的に思うのは、
ランボーが詩を書いていた「場」というのは、
ものすごく個人的な場だったのだろうということだ。
言い換えると、彼には具体的な読者があまり
見えていなかったのではなかろうか。
(当然といえば当然のことではある。
なんにせよ、私にとってモーパッサンの対極にいるのは、
マラルメよりもむしろランボーであるかもしれない。)
詩を読ませたいと思った人は何人かいたかもしれない。
だが、彼は自分の作品が理解されることを信じていただろうか。
いや、むしろこう言おう。
彼はそのことを必要としていただろうか。


たとえば「地獄の一季節」においては、
キリスト教の信仰をいかに清算するか、というような問いが
重要なテーマの一つとしてあげられるだろう。
そのことを歴史的・社会的な文脈に置いてみるなら、
ルナンからニーチェに至る線のどこかに位置付けることができるだろう。
だが、そうしたところで、結局のところ、
ランボーの作品がよりよく理解できるようになるのか、というと
そういうことにはならないのではないか、という気にさせられる。


だから、というか何というか、
早熟の天才詩人(そのことを疑う必要は毫もない)の感性に
共振することのできる読者には、理屈を超えたような
強い感動というものがあるのだろう。
そんな風に、羨望を交えて思いもする。


改めてイプステギーの像であるが、
これがランボーに相応しいのかどうか、なかなか難しい。
少なくとも顔はあんまり似ていない。
SF的でランボーらしいような気もするが、
他の誰か(ジャリとか)のほうが向いているような気もする。
いずれにせよ、詩を書いていた頃のランボーが、
後世に国家お買い上げの自分の像が立つと聞いたら、
鼻で笑って、「そんな金があったら俺にくれ」
というぐらいのことは言ったのではないか。
像を眺めながら、そんなことを、期待まじりに想像してみた。