読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

モーリス・ボーブールとピエール・ヴェベール

 Maupassant eût continué son œuvre qu'il eût achevé de quitter ces malheureux naturalistes, qui n'ont décidément que des fonctions !... Il eût laissé leur domaine aux sciences physiques destinées à l'amélioration des calorifères, et eût montré leur route aux sciences morales, aujourd'hui, qu'il devient impossible à des gens de cœur, Pierre ou même Jean, de vivre dans nos sociétés prétendues policées. – Maurice Beaubourg.
(L'Écho de Paris, supplément illustré, 8 mars 1893.)
 モーパッサンが彼の仕事を続けたとしても、彼はあれら不幸な自然主義者達から決別したことだったろう、彼らにはまったく役人しかいない!・・・彼は暖房装置改良のための物理化学の領域に彼らを置いておき、道徳科学への彼らの道を示したろうが、今日、文明化したと主張される社会にあっては、心ある人々、「ピエール」や「ジャン」にさえ、生きて行くのは不可能なこととなっている。――モーリス・ボーブール

ちょっと言ってることを掴みかねて困る上に、
Maurice Beaubourg (1860-1944)についても寡聞にして不明。
作品に『殺人者のための物語集』Contes pour les assassins (1890) 『情念的な物語』Nouvelles passionées (1893) 戯曲に『音のない生』La Vie muette (1894) 『手錠』Les Menottes (1897)等。

 Nous avons perdu un merveilleux artisan de Lettres ; Guy de Maupassant est le dernier, le plus parfait peut-être, des Tourneurs sur Nouvelle. Il a longtemps soutenu la difficile tâche d'intéresser le public et aussi les artistes au récit de menus faits sans importance. La contrefaçon belge a gâté le métier. C'est donc une industrie d'art qui se clôt : « Fermé pour cause de décès du seul délicieux ouvrier ».
 Ses initiateurs du Naturalisme et ses adaptateurs ont de terribles morts. Est-ce ainsi que devaient finir les Maîtres de la Joie de vivre ? – Pierre Veber.
(L'Écho de Paris, supplément illustré, 8 mars 1893.)
 我々は見事な文芸上の職人を失った。ギ・ド・モーパッサンは「小説」における「旋盤工」の最後の、恐らく最も完成された者である。彼は、重要性のない些細な事柄の物語について、公衆と芸術家の興味を掻き立てるという難しい仕事を長い間支え続けた。ベルギーの海賊版が仕事の邪魔をした。したがって芸術の一産業が幕を閉じたのである。「唯一の魅力ある労働者の逝去にともない閉店」
 彼にとっての自然主義の指導者、彼の模倣者達には無残な死者達がいる。そんな風にして、「生の悦び」を歌った大家達は最後を迎えねばならないのだろうか?――ピエール・ヴェベール

Pierre Veber (1869-1942)
 パリ出身。共作で多数の喜劇、ヴォードヴィル、オペレッタの脚本を執筆した他、ユーモア溢れる小説も残した。戯曲に『10年後』Dix ans après (1897) 『左手』Main gauche (1900)『五時の男』Le Monsieur de cinq heures (1924) 小説に『子供達は楽しむ』Les enfants s'amusent (1894)や五人による共同作品『X…即興小説』X... Roman impromptu (1895)等。


モーパッサンがベルギーの海賊版に困ったという話は知らない。世紀末にもまだあったんだろうか。
自然主義関連で不幸な死を迎えた者としては、Louis Desprez (1861-1885)が思い浮かぶ。
自然主義の進化』L'Evolution naturaliste (1884)を書いたゾラの弟子筋。ま、「大家」ではないけど。
『鐘楼の周りで』Autour d'un clocher (1885)で禁固刑を喰らい、獄中で肺病が悪化して夭逝したのだ。
「生の悦び」はゾラの小説の題名から来ている。以上。