読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えとるた日記

フランスの文学、音楽、映画、BD

年の終わりに

放心している間に3ヶ月過ぎてしまう。
せめて(だいたい)今年ビデオで観た映画を
発表年順に並べてみる。
『北ホテル』(1938)
『嘆きのテレーズ』(1953)
『白い馬』(1953)、『赤い風船』(1956)
死刑台のエレベーター』(1958)
『モンパルナスの灯』(1958)
地下室のメロディー』(1963)
『小間使の日記』(1964)
『個人教授』(1968)
『若草の萌えるころ』(1968)
『革命の夜、いつもの朝』(1968)
『好奇心』(1971)
『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』(1976)
『小さな泥坊』(1988)
王妃マルゴ』(1994)
スイミング・プール』(2003)
ロング・エンゲージメント』(2004)
『恋人たちの失われた革命』(2005)
サルトルボーヴォワール 哲学と愛』(2006)
ゲンズブールと女たち』(2010)


我ながら涙ぐましいお勉強ぶり、という気持ちになる。
今更そんなもの観なくていい、
と観たら分かるものも色々混じっているような。
とりあえず、アルベール・ラモリスを知ったのが今年一番の収穫だ。


毎年のことながら、来年こそ気を入れ直してがんばろうと思う。
皆様、よいお年をお迎えください。